これから妊娠したいと考えているなら

これからママcafé

妊娠したい人と不妊治療

妊娠したいと思っても、すぐに妊娠できるとは限りません。 最近では男女とも初婚年齢が高齢化しているため、とくに女性の場合には卵子も高齢化してしまうため、妊娠しにくいカップルが増えています。 20代での妊娠率はとても高いのですが、35歳をすぎると一気にその確率は低くなります。 不妊の定義は2年の夫婦生活があっても妊娠しない場合ですが、30歳をすぎていてこどもが早くほしいと思ったら、なるべく早めに産婦人科を訪れることも大切です。 妊娠しにくい場合には最初はタイミング療法という治療が行われます。これは、治療というよりは、排卵のタイミングを見て、排卵しそうなときに性生活をもつようにアドバイスをするものです。それでも妊娠にいたらない場合には、卵胞を大きくするホルモン注射をしたり、基礎体温の高温期が維持できる注射をすることもあります。それからは、人工授精や体外受精などがおこなわれます。費用もかかり、精神的にも体力的にも大変なので夫婦でよく話し合う必要があります。

MENU